イサキ料理を考えてみた!アクアパッツァに挑戦

こんにちわ!いつも何かを成し遂げたいブログ担当Sです!
今回は魚シリーズ第2弾として、イサキを頂いたので少しかわった調理で成し遂げたいと思います!
一応最後にレシピ的なものを書いておきますが、初めて作るので違ったらすみません!汗
では早速、まずこちらがメインのイサキです!

うろこを取ります!このようなうろこ取り器具が無ければ金たわしでもよく取れます!
イサキのうろこは大きめで異物になっちゃうのでしっかり取ります!

うろこをキレイに取りました!

ではさばきます!(自撮りなので細かい写真は撮れませんでしたw)
腹に添って縦にお尻からアゴまで開きます!(はらわたをなるべく切らないように腹の身だけを切る感じ)
はらわたはエラごと引っこ抜くとキレイに外れます!
エラとはらわたを外したらキレイに水洗いします!
この時血合いも流したいので、背骨に向かって縦に切り込みを入れて、ここも洗います!
大抵の魚は血が生臭いので出来るだけ流します!
キレイになりました!

アクアパッツァはまずフライパンで魚を焼くみたいですが、サイズが大きめなので、尾びれは落としちゃいます!
フライパンにオリーブオイル、鷹の爪(唐辛子)、にんにくを入れ加熱します!(ここで塩とパスタを入れればペペロンチーノが出来そうですw)


さて、イサキを焼いていきます!(ちなみに魚は軽く塩を振って20~30寝かせると旨味が増加するようです!)

あw

入らなかったので、結局頭も落としましたwww
火が通ったら裏返します!

そういえば、アクアパッツァには貝(アサリとかハマグリとか)を入れるのが定番のようですが、行きつけのスーパーでなんと私の前のお客様で完売w
仕方なく今回は海老とホタテで代用しました!泣

イサキが良い感じに焼けてきたので、ホタテと海老を投入し、塩コショウします!

こちらも火が通ったら白ワインと同量の水を加え、プチトマト、パプリカを入れて煮込みます!

味見してみると、少しあっさりしていたのでバターを入れてみました!(独断w)


さらに煮込んでいくと、好みの味に仕上がったので、火を止めイタリアンパセリをちりばめたら完成です!

間違って赤ワインが写ってますが、魚料理は白ワインが合うようですw
食した感想はめちゃくちゃ美味しかったです!ちなみに絶対アツアツのうちに食べるべきです!
そういえばなんでトマトとパプリカ?と思ったのですが、トマトを食べて酸味を楽しみ、パプリカを食べて苦味を楽しみって感じで良く合った材料だと思いましたw
食べ終わった後の濃厚スープでパスタがおすすめらしいので、明日はパスタで成し遂げようと思いますw


以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!
良ければフォロー・シェアお願いします!(*ノωノ)
レシピ(アクアパッツァ)

・魚(白身魚推奨)カサゴとかも凄く美味しそうです
・貝(アサリ、ハマグリ)ホタテ&エビも美味しかったです
・プチトマト
・パプリカ
・オリーブオイル(エクストラバージンは香りが強すぎるかも)
・鷹の爪
・にんにく
・白ワイン(100ml程度)
・水(100ml程度)
・バター(好みです)
・塩
・コショウ

  • follow us in feedly

友だち追加

関連記事

  1. 新開発 HKS ターボチャージャー GTⅢシリーズ 先行仮予約受付中

  2. 趣味の釣りでヒラマサ大漁!釣れ過ぎwww 

  3. 2.17.3.26 SUPER GT 富士スピードウェイ 合同テスト 雪のため中止

  4. GW休業のお知らせ

  5. SUPER GT 合同テスト 岡山国際サーキット 2017.3.19

  6. デイズルークスの広さに驚愕!これ普通車より広いかも・・・w

  7. 当店のマスコットキャラクターについて!

  8. 軽自動車をローダウンするならラテラルロッドは必須なのか?

  9. ヘッドライト磨き くすみ取りをやってみた 驚きの効果を発揮

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カーパーツ買うなら各モール比較

弊社は価格に自信あり!
ご相談・お見積りはお気軽にお電話下さい!
TEL(1) 083-242-8811
TEL(2) 083-242-8812

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP